不動産担保ローンで注意したいこと

不動産担保ローンは、利息が安い、多くの額が借りられる、使い道が自由といった良いところがたくさんあるものですが、注意したいこともいくつかあります。

不動産担保ローンという名前のローンですから、不動産を担保として出さなければなりません。

融資を受けた後、返済をしていくわけですが、その返済が不能になってしまったら担保として出した不動産は金融機関に渡ることになります。

安易にローンを組んでしまい、返済計画をきちんと立てていないとこういうことになるので注意が必要です。

また、不動産の価値は変動します。

もし返済不能になり、担保を渡したとしても、不動産の価値が下がれば担保割れになります。

そうなると、売却しても足りずに不足分を支払わなければならなくなります。

こういったことが起こる可能性があると知っておき、慎重に不動産担保ローンを申し込むようにしたいものです。

関連リンク・・>http://www.zenginkyo.or.jp/service/manage/choose/features/debt/debt_1.html